skip to Main Content

始めるのは
簡単

クラウドファーストの設計により、ITエコシステムでValueEdgeを容易に設計して導入できます。
環境がオンプレミス、クラウド、またはその両方でも問題はありません。
ValueEdgeなら準備万端です。

サポートのご依頼、

当社のワールドクラスのサポートチームは、お客様が最も優先度の高いバリューストリームを評価して特定できるよう支援します。
ValueEdgeの構築済みコネクタは、中断を削減して迅速なデリバリーを可能にします。

ValueEdgeカスタマージャーニー

バリューストリーム管理を迅速に導入して提供します。

開始

  • 既存バリューストリームの特定。
  • 各ストリームのすべてのステップに担当者が責任を持つ。
  • 既存のツールのプロファイル作成。
  • ビジネス目標の優先順位付け。

作動

  • Micro Focus ValueEdge VSMプラットフォームを導入。
  • 選択したサービスモジュールの実装。
  • 既存のツールとの連携。

実行

  • サービスモジュールを調整して知見を促進。
  • インテリジェンスの予測機能で傾向を特定して主要なプロセスを自動化。
  • フローを適応させて最適化。

離陸

  • VSMを製品のデリバリーライフサイクル全体に拡張。
  • AIベースのデリバリーと意思決定の取り込み。
  • 次世代型ツールで価値の低いタスクを自動化。

特別なValueEdge Service
Model-Based Testing

Micro Focus Model-Based Testingは、重要なビジネスアプリケーションとエンドツーエンドのビジネスプロセスの品質を確保します。
シフトライトテスト機能により、テスト範囲の最適化、リスクの低減、コラボレーションの向上、機能テストプロセスの精度の向上を実現できます。

Back To Top